筑豊情報マガジン ウイング

TAG LIST

タグ一覧

見る

手笛の音色で人生の豊かさを感じてほしい

全国でも珍しい手笛奏者のなかしま拓さん。年齢の若さにも驚きますが、ニューヨークのアポロ・シアターTEDxの登壇も経験しているという凄腕の持ち主です。
自分の夢に向かって突き進むだけでなく、常に人のことを想い共有することを大事にされているそうです。強さと優しさを兼ね備えた彼の純粋な人柄が手笛の素晴らしさをより豊かに奏でてくれます。

手笛とは?始められたきっかけは?

「手笛」とは両手を組み、手のひらの空洞に息を吹き込んで演奏する奏法で、お祈りのような手の形です。
「口笛」や「指笛」などは一般的で、「手笛」は聞きなじみのない言葉だと思いますが、楽器に負けず劣らずのふくよかな音色が出ます。ただ、楽器とは違って、とっても人間味の溢れる音が特徴的ですね。全て人の身体から出てるということで、もっとも自然素材でエコな音楽です。練習は必要ですが、世界中どんな方にでも可能性のある、誰にでもすぐに始めることができるのでおすすめです。
きっかけは今から10年前、高校に入学して初めてできた友達がギターで弾き語りをしていたんですね。高校生ながらにシンガーソングライターとしての夢を追っている彼の姿が私の目にはとてもかっこよく映りました。彼に影響を受けて「なにか音楽をしてみたい!」と思いました。しかし、両親の離婚もあって、経済的に楽器を購入することが厳しかったのです。だったらお金を使わずできることはないか…
昔、テレビで見た記憶を頼りに独学で練習をしました。
そんなことがキッカケで手笛に出会い、のめり込んでいきました。当時は指が疲労骨折するほどまで練習しましたが、最近はサボり気味です。なので、今でもほかの楽器はできません(笑)

手笛の音色で人生の豊かさを感じてほしい

コロナ禍になり、活動が思うようにできない日々が続きました。今まで演奏していたショッピングモールやお祭り、様々なイベントは軒並み中止。途方に暮れていました。そんな中、唯一の表現場所が、私の原点である「ストリート」でした。ストリートでは様々な方とお話する機会があるのですが、
〈コロナで職を失って子どもを支えられない〉
〈学校が無いから食費がかさむ〉
〈生きることで精一杯〉

路上で演奏をしていると、ひとり親家庭のママさんからこのような言葉をよく聞くようになりました。
母子家庭育ちの私だからこそできることはないか。
そこで、CDの売上の一部をひとり親家庭の支援に充てることを決めました。

現在の演奏活動

ショッピングモール、結婚式場、学校公演、老人ホーム、地区クラブ、ディナーショー、コンサートゲスト、自主コンサートと、幅広く何でもやっています。
コロナ禍前は韓国やニューヨークといった海外での活動も行ってきました。
ジャクソン5スティービー・ワンダーといったスーパースターを輩出したアポロ・シアターというクラブで演奏する機会があったのですが、日本では想像もつかないような歓声に衝撃を受けました。チャンスがあれば今後も海外の著名なステージに立ち続けていきたいと思っています。

手笛を通じて伝えたいこと

ズバリ「豊かさ」ですね。音楽は人々の日常に寄り添い、人に元気を与えたり、明日への活力を漲らせたり、癒したり、ストレスや不安を緩和したり…様々な力があります。人に心や身体の「豊かさ」を与えてくれると信じています。
私も音楽があったから救われました。音楽で昔を思い出してほろりと涙することができたり、心躍ったりすることで人間味溢れる豊かな人間が形成されていくのだと思います。心が豊かになると、見える景色も今までとは大きく変わるはずです。心から楽しんだり、幸せを感じられるようになります。「豊か」というのは「嬉しい」「楽しい」だけではなくて、「悲しい」「苦しい」など、様々な感情をゆとりをもって感じることです。その手助けができると良いなと思っています。

これからの目標・夢

これからの目標は皆さんとの近い距離感で日常に寄り添える人間になりたいと思っています。具体的には学校公演や公民館等で、子どもたちに夢を与えたり、皆の明日の楽しみになれるような地域に根ざしたコンサートを沢山行いたいですね。人と人が繋がるような場を音楽を通して作れると良いなと考えています。
また、夢は大きくAmerica’s Got Talentに出場することです。
スーザン・ボイルポール・ポッツを輩出したテレビ番組なのですが、ここの舞台に立つことが音楽を始めた当初からの夢です。小さいところから大きいところまで、初心を忘れずに活動したいです。
あと最後にもう一つ、痩せることです(笑)

海外での輝かしい演奏経歴をもっているにも関わらず、いつも身近な人たちのことを考えているなかしまさん。考えるだけでなく、ひとり親家庭支援の活動や地域の清掃活動などを実行されていることに感銘を受けました。
2022年2月にイイヅカコスモスコモンのコスモス・サロン・コンサートへの出演も決定されました。心癒される豊かな手笛演奏を皆さまもぜひ聞いてみませんか。
text_Masako Yamamoto

 


Profile
なかしま拓
手笛奏者。
福岡市博多区出身。26歳の若手音楽家。 
アポロ・シアターやTEDxへの登壇経験をもつグローバルアーティスト。
「手笛」という楽器を使わず手で奏でる、そのふくよかな音色は聴くものに癒しと驚きを与える。
手のひらを組み合わせ奏でる本格派パフォーマンスは必見!


なかしま拓オフィシャルサイト
なかしま拓CDショップ

 

Latest update

RELATED

関連記事

PAGE TOP