筑豊情報マガジン ウイング

NEW

カテゴリー別 最新記事

TAG LIST

タグ一覧

食べる

【直方】工場をリノベしたアンティークなカフェ。Shop and Cafe CROPの自家製できたて抹茶テリーヌショコラ



今日は、昨年12月20日にオープンしたばかりのShop and Cafe CROPショップ アンド カフェ クロップに来てみました。工場をリノベーションしてつくったお店ということで話題を呼んでいます。正面の入口が大きくて、スケールが違いますね!他にはない感じでワクワクします。
場所は、ユメニティのおがたから鞍手方面へ500mほど行ったところにあり、道路にそって筑豊線の線路が走っています。
 



駐車場は、線路と反対側の入口にあります。大きな白い看板があるので、とてもわかりやすいです。看板も可愛くておしゃれですね。
 



線路側には、ソフトクリームと一緒に、大きなボードが置いてあります。
季節のデザートプレートとドリンクセット(1000円)
ケーキとドリンクのセット(700円)
と書いてあり、これなら電車に乗っている人たちも注目しますね。直方駅で降りたら立ち寄りたくなる方もきっといるはず!
 

ビオラ(1つ165円/3つ440円)・セネシオエンジェルウィングス(187円)・パンジー(1つ132円/3つ330円)



店先にはお花の苗がカラフルに並んでいて、目を楽しませてくれます。こちらの苗は、他店よりも少しお得ということで人気があるそうですよ。
 



こちらがショップの入口です。重厚で趣のあるドアが迎えてくれました。まるで外国の物語の世界に通じる扉のようです。それもそのはず、このドアは100年ほど前のアンティークだそうです!クロップでまた新たな歴史を刻み始めたと思うと、感慨深いですね。まわりに置いてあるものも、ひとつひとつが歴史をもっていて存在感があります。
 



中へ一歩入ると、別世界が広がっていました。アンティークのテーブルや家具に、おしゃれな雑貨がドライフラワーとともに置かれてかれていて、どこか懐かしい雰囲気が漂っています。
カフェのテーブルは、1階に3テーブル、2階に2テーブルあります。それぞれのテーブルは独立していて、ゆっくりとくつろげる配置になっています。
 



こちらが、自家製ケーキのメニューです。
今日は、お店の方のオススメで、自家製できたて抹茶テリーヌショコラのドリンクセット(700円)と、新作の自家製アイスケーキくるみといちごのカッサータのドリンクセット(800円)を注文してみました。
 

自家製できたて抹茶テリーヌショコラ ドリンクセット(700円)



自家製できたて抹茶テリーヌショコラは、クロップで一番人気のケーキです!抹茶のほろ苦さとチョコの甘さが溶け合って、抹茶好きにはたまらない濃厚さ。抹茶は国産の宇治抹茶で、なるほど納得のお味です。ホイップをからめるとまた違った味わいに。最後はいちごと一緒に甘酸っぱくいただくのも美味しいです。
セットのドリンクは、カフェオレを選びました。コーヒーの苦みと泡だったミルクがベストマッチ!カップは、ご主人が集めたアメリカのアンティークだそうで特別感が増しますね。
 

自家製アイスケーキくるみといちごのカッサータ ドリンクセット(800円)



こちらは、新作の自家製アイスケーキくるみといちごのカッサータのドリンクセット(800円)です。ちょっとハード目なチーズクリームのアイスの中にイチゴとローストされたくるみが入っています。イチゴの酸味とくるみの香ばしさがアクセントになって、一口ごとにいろいろな味が広がります。ジャムといただくと、甘みがほどよく加わって、チーズクリームの味が引き立ちます。
 

チョコバナナジュース(単品400円)



セットのドリンクは、チョコバナナジュースです。一番人気のドリンクで、めちゃくちゃ映えます!ストローでくるくる混ぜながら飲みました。最初はバナナの優しい甘み、だんだんとチョコレートのビターな味が加わって、ミルクチョコレートのように変化していくのも楽しかったです。クロップに来たらぜひ注文してみてください。
 

自家製できたてふわふわレアチーズケーキ(400円)



こちらは、自家製できたてふわふわレアチーズケーキ(400円)。せっかくなのでと、オーナーが出してくださいました。ありがとうございます!
こんなにふわふわしたチーズケーキは初めての体験。空気みたいに軽くて、でもしっかり濃厚なチーズの味わいがあります。満足感の高い一皿でした。
自家製のケーキは、どれも個性的で新鮮!盛り付けもキュートで美味しくいただきました。
 



CROPとは作物という意味で、店内は海外の田舎家をイメージして作られています。庶民の道具をそろえた暮らしを豊かにするお店にしたいそうです。オーナーはイギリスのアンティークが好みということで、このテーブルもその昔外国の地で生活のなかで使われていたものです。アンティークにはあまり縁がない私でも、こうして空間に馴染んでいる家具を眺めると憧れてしまいます。
他にも、カウンターや窓枠、トイレのドアなどなど年代ものが使われているので、ぜひチェックしてみてください。
 



置いてある雑貨たちがどれもとっても可愛くて、見ていて飽きません。これは動物のブローチ。お家で猫さんや犬さんを飼っている方は素通りできませんね。
 



雑貨は「ドライフラワーや古い物に合うものを」というコンセプトで選ばれていて、たくさんあるのに統一感があって落ち着きます。ドライフラワーはほとんどがオーナーの育てた植物を使っているとのことで、種類の多さに驚きます。こんなふうに生活にさりげなくドライフラワーがあるのって素敵ですね。
写真の後ろに見える窓枠も100年ほど前のものです。あのお席は特にオススメ!
 



多肉植物もたくさんありました。季節になればもっと種類が増えるようです。オーナー自身も20年前から栽培されていて、育て方のコツなどアドバイスしてもらえそうで心強いですね!植物音痴の私でも安心して購入できます。
 



こちらは、ガーデニングのコーナー。オーナーのセンスにかなった植木鉢たちが並んでいます。淡色系のもがそろっているのも嬉しいですね。素材は陶器、合成樹脂、グラスファイバーと各種あります。小物も他では見かけないワンランク上のものがおいてあり、庭がグレードアップすることまちがいなしです。
 



オーナーの吉田高子さんとご家族です。ファミリーで力を合わせて、お店を盛り立てていらっしゃいます。
この工場は身内の方のもので、空き家になるタイミングと仕事の転機が重なり、一念発起してお店を立ち上げました。もともと好きだったことがすべて仕事につながっていて、ポテンシャルとスキルの高さには舌を巻きます。ご主人もDIYが得意で、以前から依頼人のニーズに合わせて作ったものが好評を呼んでいました。今後は、カフェはもちろんガーデニング関係やDIY、ワークショップの方にも力を入れていくそうです。
また、お店の横のスペースにモデルガーデンを作る予定で、ちょっとした地域の憩いの場にしたいそうですよ。楽しみですね。
 



最後に、ご自宅の庭を見せていただきました。この庭は5年の歳月をかけてご自分たちで作ったそうです。花が咲くシーズンになると、見学に来られる方もいらっしゃるとか。庭造りに悩んでいる方にも強い味方になってくれそうですね。
「毎日やることがいっぱいで、朝は楽しみで目が覚めるんです」と笑顔でお話しくださった吉田さん。こちらまでワクワクが伝わってきて元気をもらいました。またカフェと植物を楽しみに遊びに行きたいなと思います。
 


Shop Information
Shop and Cafeショップ アンド カフェ CROPクロップ
〒822-0034 福岡県直方市山部393-10
0949-52-6405
11:00~18:30
火曜日、第3水曜日
あり
@crop_shop_and_cafe
 

 

Latest update

Love for hometown
Random note

RELATED

関連記事

PAGE TOP